妊婦さんの腰痛

妊婦さんの腰痛

ようこそ妊婦さんの腰痛のページへ

ご懐妊おめでとうございます
新しい命を授かりました事を心よりお祝い申し上げます

最初に申し上げます、貴女の辛い腰痛は必ず消します(確率は90%)

私の妻が長男を授かったとき(私が30歳の時)に私自身は未だ整体師ではありませんでした
当時は夫婦でお店を経営しておりましたので妻が腰が痛くても
体調が悪くても私にはどうしようもなかったのです

胎児が大きくなるにつれ腰は厳しく痛いのですが
商売をしていましたので
休むこともままならず本当にかわいそうでした

そんな記憶が頭の中に常にあったので
後に私が整体師になった時は真っ先に妊婦さんの事が
頭の中から蘇りました

妻には大変苦労をかけましいたが
今を苦しんでいる妊婦さんには少しでも苦しみから解放して頂きたい
そんな思いが私の妊婦さんに対する思いです

今直ぐ辛い腰痛を消したいと思っているあなた
それに伴い頭痛、便秘やムクミが辛いですね

さらに後半には身体が重く「よっこいしょ」となります
おまけに体重管理にも気を使い、仕事を持っている方は
それなりに大変です

自由が丘整体院ではこれらを全て含めて腰痛と同時に
リセットして元気になって頂きます

腰痛を改善するには全身を手当てしなければ解決しません
ゆえに、腰痛以外の疾患もしっかりと対処しております


施術を受けている妊婦さんはその場で痛みが消えてゆくのを
ダイレクトに実感して頂けるのが当院の特徴です

今はあなたのお腹の赤ちゃんが成長するに伴い、寝ていても歩いていても
座っていても腰痛やその他の疾患で辛い思いをしていると思います

あなたのお腹の赤ちゃんが大きく成長をする事で体力的に負担は増えますね

生まれてくる事への楽しみも大きいですが
その反面様々なプレッシャーもあるかと思います

あなたに精神的なストレスと肉体的なストレスが合わさって
全身の筋肉が萎縮し肩こりや腰痛、他の疾患が発症してしまいます

妊婦前屈.png 

あなたが少しでも腰痛や疾患に苦しまず、妊娠を楽しみながら
元気なお子さんを産んで頂けるように 微力ながらも
お手伝いさせていただければ、とても嬉しいです

あなたが施術を受ける時に一番気になるのが
危険がないか、痛くないか、お腹の子供に影響がないか等かと思います

自由が丘整体院では決して無理な姿勢をとることなく
あなたの負担にならないように施術しております

あなたが施術を受けて頂く姿勢はお腹のお子さんに負担の掛からないように

安全第一で横向きか天井を向いて頂いた姿勢で行います

但し、妊婦さんの場合は胎盤が完成されてくる安定期(妊娠16週目以後)に入ってからが安全です


ここには腰痛専門だからこそ出来るここにしか無い技術と
痛みや疾患のある箇所は揉まないで改善できる技術が有ります
ここに来て身も腰も心も楽になって帰って下さい。

この他にも個々では不安や心配があるかと思います
お電話でもメールでもお気軽にご質問を頂ければ丁寧にご説明をさせて頂きます
また、お一人で不安の方は付き添いの方もご同伴いただいても大丈夫です

フリーコール0120998203
メールお問い合わせ

 

 

 

妊婦さんの腰痛は何故起きるの

妊婦さんの腰痛は妊娠による体のホルモンの影響によるものが多いので
これは妊娠初期からも見られます
当然のようにお腹が大きくなる事で妊婦さんの姿勢変化の影響もあります

さらに体重も増えますし、不安も出てきますのでストレスが溜まります
これらの事が重なり妊娠前の二倍以上疲れます
疲れにより体の筋肉が萎縮し、萎縮した筋肉が腰の筋肉を強い力で引っ張り始めるのです
この引っ張られた腰から
痛みが発生します

妊婦の腰痛.png

 

 妊婦が腰痛になったらコルセットを付けられますか
答えから先に申し上げます。もし付けるとしても産婦人科の先生に相談してからお付け下さい
コルセットを長い時間付けておりますと皮膚が覚えてしまい弱くなります。
皮膚が弱くなると今までと同じように動いているだけなのに痛みもキツく感じ
今まで以上に辛くなります
出来るだけ必要最低限の時間でお使い下さい

 

 

妊婦さんの施術方法

安全を最優先に考えて無理な施術は致しません
必ず横向きか上向きでリラックスにしていただいた姿勢で施術をさせて頂きます
お腹を圧迫する事は一切ありませんので安心して施術を受けて頂けます
施術方法は基本的に痛い腰は揉みません
痛い腰を軽く触れながら腰以外の
痛みの原因となる異常に収縮したり硬くなっている筋肉を探し
緩める事で腰に出ている痛みを消します。

 妊婦 2.jpeg 親子.jpg


骨盤.png

 

 

妊娠中の腰痛対策法、予防法

妊娠前、妊娠後ともストレッチ等で血行を良くしましょう
腰痛の発症や悪化は、筋肉の硬直による血行不良が関係します
筋肉が硬くなりますと筋肉疲労も回復しにくくなります
出来る事なら妊娠前から体を動かし筋肉の血流を良くし疲労をためない事が最善の予防法です

 

 

ママが元気なら胎児も元気です

お腹の胎児が元気に育つと言う事は母親にとっても幸せな事ですね
胎児を元気で健やかに育てるのも親(夫婦)の役目です
独り身の時と違い、胎児と二人三脚です
どちらの体調が優れなくなってもお互いに影響を与えてしまいます
肩こりや腰痛に苦しまないように気をつけましょう

 

妊婦さんの施術にあたって
当たり前の事ですが、母体には勿論、赤ちゃんにも最善で細心の注意をはらって手あてを致します。
妊婦さんの体勢は最初から最後まで横向き、及び上向きにて、手あてを致します。

妊婦 2.jpeg

また腰を強く揉む事は一切ございませんので、お腹の赤ちゃんには負担が掛かる事はございません。
また当院では妊婦さんに対して腰痛だけではなく、全身の痛みや不調を緩和し、自律神経を整えることで、
妊娠中のイライラや産後うつなどを解消することもできます。
それでも妊婦さんは、心配だと思います。
お電話かメールを頂きましたら納得のゆくまでお話をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 産後の骨盤矯正

出産後に多くのお母さんに骨盤の変異が生じる傾向が見られます
生命の誕生という一大イベントを行うのですから仕方がない事とはいえ
女性としては自身の体型は崩したくないものです
そんな方々の悩みに少しでもお手伝いを出来たらと思い
妊婦さんの骨盤改善のお手伝いとして
なかなか痩せない産後ママ向け骨盤矯正
体のバランスが崩れた産後マア向け骨盤矯正をさせていただきます

骨盤矯正の上手な受け方として、出産後の直ぐの骨盤矯正は未だ不安定ですので産後1ヶ月程で一度お受け頂き
産後6週間〜2ヶ月までに再度お受け頂くことをお勧めしています
その後体調が落ち着くまで(最初の生理)、月に一度程お受け頂くと理想的です。
それ以後は子育ての疲れが蓄積します。疲れが溜まる事で再度骨盤がズレ体調不良になり易いです
疲れた身体を休め、整える為にも、その後のメンテナンスをおススメしております。 


骨盤の状況は個人差がございます
現状を確認し状況に応じた施術を行います
骨盤矯正をする事で
身体の感覚が変わりヒップが締まり姿勢がよくなった感覚をおわかり頂けます
施術そのものは無理な力を用いての矯正などは致しませんので、ご安心下さい。

 

産後の骨盤、体型の変化(横)

骨盤の変化.png    


統計によりますと出産後に体型が変化した人は、70%以上が変化したと感じております

一番変化するのはお腹
二番目に胸
三番目に腰
四番目にお尻
五番目に太もも


体型を産前に戻そうと努力した方は約80%
女性は美しい体型を保ちたいのが本音です
そんな女性の希望に応えるべく骨盤矯正をいたします



骨盤矯正は骨をバキバキしたりは致しません
出産で全身が緊張しております
骨盤の筋肉や靭帯を緩めるのはもちろん全身の筋肉も調整しバランスをとります

骨盤の中に仙骨(上のイラストの青い部分)があります
骨盤がずれると必ず仙骨もずれます
仙骨がずれることで体がさらに大きく変化します

 

 

 

整体院の特徴に戻る

  

腰痛専門の整体院

施術の流れ

症状別の腰痛

腰痛Q & A

妊婦さんの腰痛

院内の様子

症例

骨盤診断・仙骨

お客様の傾向

Q & A

ストレッチ

自分でできる整体教室

 

施術前後の変化