予約制 0120-998-203 携帯・PHSもOK

世田谷区奥沢の腰痛専門の整体院

どこでも同じだと、入った腰痛専門の整体院、体の、あまりの変化に、「もっと早く来ればよかった」 電話受付10:00〜19:00

blog

朝起きる時腰が痛い

こんにちは
腰痛専門・自由が丘整体院の永井です

「朝起きる時腰が痛い」
こんな方が多いですね

男性も女性も
若者も高齢者も
同じ言葉を発しております

彼らが言うことには
寝方がいけないのかしら
枕がいけないのかしら
あまり動かないで寝るのがいけないのかしら

みなさん様々な事を考えておりますが
そうゆう事ではありません

そもそも、健康で元気で生活できる方は
朝、腰の痛みを感じる事はありません
痛みを感じる方は、すでに腰が疲れている方です
それも、かなり限界を超えております

人の体は少々の腰の疲れでは朝腰が痛くなりません
自分では意識せずに腰に手のひらを当てている方は
腰の痛みが本人が想像する以上にキツイものになっております

そんなキツイ方が朝目覚めた時に
起き上がろうとする時に「イタタタタ」となるのです

何故そうなるのか
腰が痛く感じるのは朝だけで、夕方にはスッカリ
痛みは無くなっているから、翌日は治っているかと思えば
朝になってまた同じ事の繰り返しになる

こんな事だから、すぐに良くなるだろうと
甘く考えていると、いつまで経っても良くならない

これには心臓との関係があります
別に心臓の良し悪しと言う訳ではありません

人は日中は活動をしますので、体をよく動かします
しかし、夜寝ている時は寝返りをするくらいで
ほとんど動きません、
つまり、心臓も同じペースで静かに動いております
当然の事、心臓から送り出される血液も静かです

分かりやすく言えば、100mを全速力で走った後は
心臓はドクドクと動き血液も沢山送り出されます
血液が全身に沢山流れれば体も温まり、柔らかくなり
筋肉もしなやかになります

しかし、夜は体も動かず、血液の量もわずかしか
流れませんので、筋肉も柔らかくありません
それゆえに、腰に影響する筋肉も硬いです
当然の事、腰は柔軟性を失い痛みが発生するのです
 

自由が丘整体院
フリーコール0120 998203
メール
ホーム

  2018/11/13   Isao Nagai
11月 2018年12月 1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031