予約制 0120-998-203 携帯・PHSもOK

世田谷区奥沢の腰痛専門の整体院

どこでも同じだと、入った腰痛専門の整体院、体のあまりの変化に、「もっと早く来ればよかった」 電話受付10:00〜19:00

blog

鏡開き

こんにちは
自由が丘整体院の永井です

2012年1月11日(水)
今日は鏡開きです

昔から伝わっている行事ですが
どのような意味があるのか調べてみました
下記をご覧下さい

鏡開き
正月11日(もと20日)に鏡餅(かがみもち)を下ろし、
雑煮や汁粉にして食べること。
女子は鏡台に供えた鏡餅を手や槌(つち)で割り砕いた。
町家でもこの風習をまねて行うようになった。
(ヤフー辞典より)


鏡餅はどうしてお正月に飾るのでしょうか?
鏡餅は神仏にささげるものとも、神様と人間をつなぐものとも云われています。
形状も一般的な丸いお餅をふたつ重ねたものだけでなく、
三枚重ねたものや紅白と色違いで重ねたもの、
またお砂糖を固めて象ってあるものなど地方によっても特色があるようです。
お餅の形の丸さが昔の鏡に似ているところから「鏡餅」と名づけられたと云われています。
鏡というのは「三種の神器」の一つで、
天皇家が代々、受け継いできている神器のひとつにもあるように、
日本人にとっては宝物の象徴の形ですね。
また鏡には神様が宿るという言い伝えがありますから、
鏡の形を象ったお飾りで一年の始めを神様と共にお祝いするという行事です
(チビタスの記事より)

自由が丘整体院
フリーコール0120-998-203
メールmail@chiryo.com

トップページ

  2012/01/11   Isao Nagai
6月 2019年7月 8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別アーカイブ