予約制 0120-998-203 携帯・PHSもOK

世田谷区奥沢の腰痛専門の整体院

どこでも同じだと、入った腰痛専門の整体院、体の、あまりの変化に、「もっと早く来ればよかった」 電話受付10:00〜19:00

自由が丘整体院はこんな整体院です。

腰痛は手や腕の疲れが原因だった

こんにちは腰痛で苦しんでいるあなた
あなたは今まで、どのような治療をして来ましたか
腰痛の本当の原因を聞いたことはありますか

腰が痛いから腰を揉めば良いというものではありません
腰が痛いのには様々な原因があります

その中でも絶対に見過ごしてはならないのが
誰もがよく使う「手」そして「腕」です

ここを手当てしないで腰痛は消えません
消えたつもりでも、直ぐに痛みは現れます

何故なのか
人の生活は必ず「手」を使います
仕事をする時、食事をする時、運動をする時
足のみを使うスポーツのサッカーでも手や腕を使います

つまり、生きていくには、ほぼ全てで手を使います
すると、自分の感覚では感じ難いのですが
「手」非常には疲れます
その疲れは手から腕へと移動します
腕に移動した疲れは肩へと移動します

肩に移動すると当然のように肩は凝ります
その凝りは背中へ移動し同時に内臓にも移動します
内臓に移動すると内臓疾患にもなる可能性が高くなります

ここまでくると、腰にも当然のように移動します
さらに、腰から大腿、フクラハギ、足へと進み

結局、全身に影響を与えることになるのです

この手の疲れをどのタイミングで止めるか
どの位置で止めるかで、その先に進むのを防ぐことが出来ます

腰痛を防ごうと思ったら、先ずは手や腕を疲れさせないこと
また、運悪く腰痛になってしまったら
必ず手や腕の疲れを取らないと
直ぐに再発の可能性が高いです

ではご自身の体でお試しください
例として前に「こんにちは」とお辞儀が辛い方
1)
肩幅に立ってください
2) 「こんにちは」とお辞儀をして、どの位痛いか覚えておいて下さい
3) 片手の親指と人差し指の間を反対の手の指で強くつまんで下さい
4)「こんにちは」とお辞儀をして、指の間をつまんだ時の痛みと比較して下さい
 痛みが軽くなっていれば、手の疲れが腰に影響をしている証拠です

以上の事から、手の疲れが [あなた] の腰痛の一つの原因であることは
間違いありません、
このようにして、あなたの腰痛の原因を体全体をチェックして探し
この原因を取り除き腰痛を消してゆきます

*一例ですが、症例です

今日は私が普段言っている見本のような方が見えました

両手、両足首に痺れがあり、
仰向けに寝ることができず
下向けにも寝ることが出来ず
肩は凝り、1年間苦しみ続けてきたそうです

姿勢検査をして、
触診検査をして
分かった事が、この体調の悪いのは
全て手の疲れと、腕の疲れと、肩こりから
来ていたのです

最初にしたのは手の疲れからですが
手を触り施術を始めた途端に
両足やこしに腰にジリジリ響き始めたのです

本人はかなり辛そうでしたが
我慢をしていたようです

また、腕を触ると、また違う足の場所や腰がジリジリと響き
どこを触ってもジリジリと響くのです

それでも、少しずつほぐれて来て
本人も顔に余裕が出て来ました

両手、両腕の疲れは約半分取れたようです
それにより、手足の痺れも80%消えて来ました

ここまできてようやく笑顔が少し出て来ました
この先も施術は続けさせて頂きました
この方は、後2回ほどで回復の予定です

 

 

自由が丘整体院
フリーコール0120998203
ホーム


 


 

  2017/04/16   Isao Nagai